早耳トレンド 二番煎じ

二番煎じだけど【注目の映画】

ニューワールド

ニューワールド


シン・デッドラインを手がけた巨匠テレンス・マリックが最新作を発表した!

その名も「ニューワールド

あらすじはこうだ…1607年、青年、ジョンスミス(コリン・ファレル)を乗せたイギリス船が、北アメリカのヴァージニアに流れ着いた。彼らの目的は、‘新大陸’を開拓し、黄金を手に入れることだった。彼らが上陸した土地には、強大な王ポウハタンが治めるコミュニティーが存在していた。
スミスは、ネイティブの戦士たちによってポウハタンの前に連行され、その末娘ポカホンタスに出会う。スミスは彼女の命乞いによって救われ、その妖精のように愛らしい彼女の輝きに、たちまち心を奪われてしまう。
太陽のもとに果てしなく続く広大な大地で、スミスとポカホンタスの恋は、急速に深い愛情へと育っていった。しかし、二人の夢のような美しい時間は、二つの世界の戦いのもとに狂い始める。
スミスは、ポカホンタスを置いて、王の要請によりイギリスに帰還してしまう。
「スミスは死んだと伝えて欲しい」と仲間に言い残して・・・。
彼女から裸足で草原を駆け抜けるネイティブの美しさを奪ってしまう自分を責め、彼女を思っての決断だった。抜け殻のようになってしまったポカホンタスに、やがて新しい出会いが訪れる。
やさしく、穏やかに包み込んでくれるイギリス貴族ロルフだ。彼のプロポーズを受け、イギリスに渡る決意をしたとき、彼女はまだスミスが生きていることを知ってしまう。
時がたっても色褪せないほど心の底から愛したスミスと、自分の全てを愛し、暖かく包み込んでくれるロルフ。二人の男の間で、ポカホンタスの心は揺れる。
果たして彼らの愛の行方は・・・・・。

という中世アメリカ大陸を舞台にしたラブストーリーである!何よりもあの、メガヒット作「シン・デッドライン」を世に放った巨匠テレンス・マリックの最新作だから期待するのは当然でしょうexclamation×2exclamation×2そのストーリーや展開、雰囲気が織り成す世界観は折り紙つきで、映像美も世界的に評価されているし、公開が超X2待ち遠しい一品ですよね★

詳しくはこちらの公式ホームページで→http://www.thenewworld.jp/

こうご期待(・∀・)

二番煎じだけど【注目の映画】

リバティーン

main.gif


ジョニー・デップですよ(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノ ジョニー・デップが主役の新作映画「リバーティーン」が、とうとう2006年4月8日に放映されます!

もうジョニー・デップが出ていると聞いただけでヤバイ…しかも今回も彼はセクシーでクール…この映画は、17世紀のイギリスに実在した放蕩詩人、ロチェスター伯爵の壮絶な一生の記録。彗星のごとく現れ、美しく燃え尽きていった男の人生を演じるのは、世界中を魅了し続けける稀代の人気俳優、ジョニー・デップ。破天荒な才覚と突飛な性向で周囲を畏怖させ、『17世紀のロック』との呼び声高いセクシーな伝説の男を、デップが渾身の演技で魅せる。共演は怪優、ジョン・マルコヴィッチ。演技派との呼び声高いサマンサ・モートン。 音楽に『ピアノ・レッスン』でも大変高い評価を得たマイケル・ナイマン。最高のスタッフとキャストが集結し、王政復古時代の英国をスクリーンに見事再現した傑作なのです!

あらすじはというと・・・

1660年代。王政復古のイギリス。天才詩人との呼び声高いジョン・ウィルモット・ ロチェスター伯爵(ジョニー・デップ)は、数々の傍若無人な振舞いのため国王 チャールズ二世(ジョン・マルコヴィッチ)の怒りを買い、追放されていたが、三ヵ月後に恩赦を受け、ロンドンに戻ることになる。
一緒に向かう妻のエリザベス・ マレット(ロザムンド・パイク)のスカートの中に手を差入れるジョン。馬車の中、2人は愛を交わす。ロンドンへ戻ったジョンは、演劇談義に花を咲かせる悪友たちがたむろするバーに立ち寄る。そこで自分が追放された武勇伝を語り、拍手喝采を浴びる。そしていつものように芝居小屋へ繰り出す。これがジョンの以前と変わらぬロンドン生活なのだ。舞台が始まると消え入りそうな声で台詞を吐く女優に客席は大ブーイング。しかしジョンは彼女の隠れた才能に気付き楽屋を訪ね、自分が演技指導したいと申し出る。その女優エリザベス・バリー(サマンサ・モートン)はジョンの熱意に押され、しぶしぶ引き受けることになる。
翌日から一対一の舞台稽古が始まった。2人はいつしか惹かれあうようになっていた。やがて舞台初日。情感のこもったエリザベスの演技に、会場は騒然となり拍手喝采を浴びせかける。彼女は様々な誘いを断り、楽屋でジョンを待ちわびるが彼が帰ったと聞き失望に打ちひしがれる。その夜中、遂に自分の気持ちを爆発させてしまったジョンはエリザベスのアパートまで馬を駆って戻っていく。「もう自分の気持ちを抑えるのはヤメだ!」と雨の中、絶叫しながら。英仏の関係を改善するため、フランス大使を招く歓迎式典が迫っていた。チャールズ二世は式典で上演する戯曲の執筆をジョンに依頼する。
「私のためにシェークスピアを超えるものを書いてくれ」と。しかし、彼が舞台で披露したのは、王政をセクシャルに揶揄した衝撃的な内容だった。当然のごとく 再びロンドンから追放され、追っ手から逃げ回る生活を送るジョンだったが−−。

img7.gif


果たして彼は、恵まれた容姿と才能を持ちながら、なぜこれほどまでに破滅的な人生を選んだのか?そして、エリザベス・バリーとの恋の行方は?

という感じです☆

ちなみに今回の映画…ジョニー・デップやジョン・マルコヴィッチなどの大物人気俳優が目白押しですごい事になりそうですね!ジョニー・デップの人気映画「チャーリーとチョコレート工場」なども有名ですが、ちなみに僕はこれ観てません(^^;観よう観ようと思っていたけれど何だかんだで観ていない(^^;なので、今回はジョニー・デップを堪能するために、この「リバティーン」は見逃せませんね!期待大です(>_<)

img8.gif



二番煎じだけど【注目の映画】

『真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章』

北斗の拳.gif

とうとう来ました(*´∇`*)『北斗の拳』の新作映画です☆

日本国民ならほとんど誰でも知っているというこの『北斗の拳』の新作映画、その名も『真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章』…各登場人物を通して『子供達の未来を守るための闘い』が描かれていくんだという!すごい楽しみじゃないですか(*´∇`*)僕も北斗の拳は何十回読み返したか覚えてませんが、あきさせないストーリーに感動したりドキドキしたりで、思い出深すぎる一品です♪新作映画も観に行きたい、いや…行きます♪

↓映画公式HP
http://www.hokuto-no-ken.jp/

らおう?.jpg
↑ラオウも健在ですね!

ちなみに
漫画「北斗の拳」は1983年、週刊少年ジャンプにて連載開始するや読者から絶大なる支持を獲得し、その勢いは週刊少年ジャンプの発行部数をわずか1年で80万部も引き上げた。1984年のテレビアニメ「北斗の拳」の放映は、「あたたた」という 怪鳥音や「ひでぶ」といった悪党の断末魔まで、まさに社会現象にまで発展した。 しかし、その奇跡はまだ終わっていなかった。
2001年週刊コミックバンチで連載され今も続く「北斗の拳」の前の時代を描き出す「蒼天の拳」は、再び読者の熱狂的な支持を受け、その単行本の累計発行部数は1000万部に迫っているという生ける伝説な漫画だ(´_ゝ`)

ほくと.jpg
↑新キャラレイナか?!

『真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章』こうご期待ですぴかぴか(新しい)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。